管理部門への転職は『リクルートエージェント』

【経理・人事・法務・総務】などの管理部門求人

 

経理・人事・法務・総務といった管理部門への転職を希望する場合には、『リクルートエージェント』を利用するのが近道です。管理部門への転職を行う為には、以下のようなアピールポイントが重要となります。

 

 

1.自分が行ってきた業務についての成果を具体的にアピールすること。
2. 業務改善を行ったり、成果を上げた場合には、必ず具体的な数値に表すこと。
3.自分の職務分掌についてしっかりと把握できていること。
4. 応募先の企業で求めている人材と、自分の経歴がマッチしていることを確認すること。
5. 職場での人間関係を円滑にできる能力があることをアピールすること。
6.縁の下の力持ちとしての管理部門の立場をわきまえ、あらゆる物事に対する優先順位を見極め、柔軟に対応できるような能力をアピールすること。
7.役立ちそうな資格は漏らさず書き、また現在受講中の資格講座などがあれば、意欲を買われるところが大きいので、しっかりとアピールすること。

 

管理部門では大勢の社員の管理を一気に任されることになります。その為、中途採用として入社する以上、即戦力が求められ、高い専門性を期待されることになるのです。上記のポイントをひとつひとつを判断材料としてしっかりとアピールすることが大切です。

 

また、管理部門の業務形態や組織構成などは、企業の規模や業種によっても非常に違いがあります。応募するに当たり、募集要項に説明されている業務内容だけではなく、具体的にどれだけに量の仕事を任されることになるのかまでを確認しておきましょう。

 

例を挙げれば、一つの企業で総務・人事部として全て担っているところもあれば、人事部だけでも採用・教育・給与などと部署が細かく分かれている企業もある程です。大手企業の中には、採用といっても「新卒」「中途」とチームに分かれて担当者も全く違うことがあるのです。

 

経理についての仕事も流れについての理解が必要です。決算はどのような体制で行っているのか、計上・支払い・記帳に関してはどこまでスタッフが行い、アウトソーシングしているのはどの部分なのかを把握しておきましょう。データの入力もスタッフが行うとなると、決算時の業務量は膨大になります。自分がどの部分の業務を任されることになるのかを確認しておかないと、「こんなはずじゃなかった」ということになる可能性もあるのです。

 

現在では企業の規模は多様化していて、中小・べンチャー企業になるほど管理部門では一人に与えられる業務範囲が広くなり、全てに対応できるスキルを求められるものとなっています。大手企業に至っては、細かく業務を分けられることにより、特定の分野に関しての深い専門知識が活かされるようになります。

 

このように管理部門とは非常に「人」に関するあらゆる業務を担っている為、企業により全く形態が違っていると言って良いのです。まず自分の経験や知識を採用担当者に伝え、応募先の企業で求めている人材に当てはまっているかを確認することがとても大切です。

 

経理・人事・総務・法務など、管理部門への転職を希望する人は、管理部門の求人情報も豊富な『リクルートエージェント』を利用してみましょう。管理部門ならではの転職情報も教えてもらうことができます。

経理・人事・法務・総務などの管理部門への転職|リクルートエージェントの評判・転職情報関連ページ

高年収の求人案件を探す
外資系・グローバル求人を探す
女性の転職に強い

このページの先頭へ戻る