面接の準備と面接本番-リクルートエージェント-

『リクルートエージェント』を利用して求人に応募し、書類選考に通過すると次は企業の面接を受けることになります。ここでは「面接日程の調整」「面接の準備」「面接当日の注意点」「面接後の注意点」について説明します。

 

 

面接日程の調整

書類選考に通過すると次は企業の面接を受けることになります。そこでまず、『リクルートエージェント』と面接日程の調整を行なうことになるのです。

 

ここで大切なのは、本命の企業の場合には面接の候補日を出来るだけ多く担当者に伝えることです。それによって企業側が選択出来る面接日が多くなりますから、よりスムーズに面接日程を組むことが出来るのです。また企業に意欲の高さを感じてもらうことも出来ます。それが企業に好印象をもたらす要因ともなります。

 

仕事を続けたまま転職活動をしている場合には、面接時間の確保も難しくなりますが、仕事のない夜間や休日を出来る限り空けておくなど、自分なりの工夫をしましょう。仕事に支障のない範囲で、有給などを利用してスケジュールを開けることも必要になってくるかも知れません。

 

 

面接の準備

面接日が決まったら、面接の対策をしましょう。『リクルートエージェント』では、面接のアドバイスも得意業務の一つですから、ある程度の自信があってもアドバイスを受けておくことをお勧めします。

 

『リクルートエージェント』では、一般的な面接対策だけでなく、各企業の面接担当者の性格や、面接の内容を詳細に把握しています。面接の内容をそのまま教えてもらえるわけではありませんが、かなり具体的なアドバイスが期待出来るのです。積極的に情報を引き出し、面接を受ける企業に応じた対策をしっかり練っておきましょう。

 

 

面接に行く前に、企業の公式サイトや求人票などを参考に、企業のことを調べておくことも大切です。企業の方向性の確認は勿論ですが、面接会場へのルートや持ち物の確認も忘れないようにしましょう。面接に遅刻してしまうと、企業にかなり悪印象を与えることになってしまい、それが不合格の原因になってしまうこともあります。反対に、面接の際に相手企業をよく理解していることを示すことが出来れば、それだけ印象を高めることが出来るのです。

 

前日によく睡眠を取り、体調を整えることも大切です。不健康な顔色では悪印象を持たれかねません。企業の多くは健康な人材を良しとしています。万全の態勢で面接に臨めるように、しっかり準備を整えておきましょう。

 

 

面接当日の注意点

面接には『リクルートエージェント』の担当が同席する場合もあります。中には転職エージェントの人間が同席することを、深く考えてすぎてしまう方もいますが、転職エージェントが面接に同席するのは求職者が心配するような理由ではありません。

 

「面接に慣れていない企業が面接後のフィードバックを得るために同席を依頼している」
「転職エージェントが面接の内容を把握し、今後のアドバイスに活用するために同席している」
「求職者に面接前のアドバイスをしたり、面接中にフォローをしたりするために同席している」
「面接後に、面接官に求職者のフォローアピールをするために同席している」

 

このように、求職者を監視しようなどといった理由ではなく、求職者や企業をフォローしようという理由での同席がほとんどですから、安心して面接に臨みましょう。転職エージェントが同席してもしなくても、面接の主役は求職者です。必要のないことにまで気を取られず、全力を出し切りましょう。

 

求職者は面接前に『リクルートエージェント』から企業の情報を得ていますが、同時に企業も『リクルートエージェント』から求職者の情報を得ています。ですからありのままの自分を出すことが大切です。内定を得るために自分を現実以上に良く見せようとしても、事前に『リクルートエージェント』から情報を得ていた企業に見抜かれて、それが選考に落ちる原因となることもありますし、見抜かれずに内定を得ても、そのまま入社してしまっては後々のトラブルを招く危険があるのです。必要以上に自分を良く見せることは、入社後のミスマッチに繋がる危険な行為です。
より良い条件は勿論ですが、より良い環境で働くことも転職の重要な理由の一つですから、その環境を自ら壊すような行為は避けるべきでしょう。

 

反対に、企業側が自社の実情以上の魅力をアピールすることもありますし、オーバーな表現は非常に多く見られます。面接官による自社の説明は、冷静に判断しましょう。企業についての客観的な情報は、転職エージェントから事前に得ているはずですから、それを元に自分でよく判断することが大切です。面接官の言動に惑わされすぎないように努めることも、転職後の快適な勤務のためには大切なのです。

 

 

面接後の注意点

面接後にはまず、面接の感触を『リクルートエージェント』の担当者に正確に伝えましょう。面接を受けたことで入社意欲があがったら、そのことをはっきり伝えておくことが大切です。担当キャリアアドバイザーはそれをしっかりと、企業側に伝えます。入社意欲が高いことが伝わると、それだけ選考に通過する可能性が高まるのです。求職者が面接の評価を気にするのと同様に、企業も求職者の評価を気にするのです。採用候補者が自社に良い印象を持っていると知れば、それだけその採用候補者の印象が良くなるのはよくあることです。企業としても、より意欲を高い人材を選ぶことが業績アップにも繋がりますから、面接後に好印象であればそれをしっかり伝えることが、内定を得るチャンスを広げることになるのです。

 

また、面接を受けてあまり良くない印象をもった場合にも、そのことを転職エージェントにはっきり伝えましょう。それによってエージェントはより求職者を理解し、その後の求人紹介の質が高まるのです。もし面接の結果、応募を取りやめたい、辞退したいと思った場合には、早急に転職エージェントに伝えることが大切です。その場合には、辞退したいと思った理由も正直に伝えることが肝要です。

面接の準備と本番の注意点|リクルートエージェントの評判・転職情報関連ページ

会員登録・ログイン
転職カウンセリング
求人情報・案件の確認
書類選考
内定後の行動
入社の意思決定

このページの先頭へ戻る