『リクルートエージェント』からの求人の紹介を受ける

『リクルートエージェント』に登録し、カウンセリングを受けたあとには、エージェントから条件に合う求人が紹介されます。

 

この時考えられるパターンは概ね、「紹介できる求人がない」「希望とは違う求人が紹介される」「希望通りの求人を紹介される」の3パターンに分けられます。

 

 

「紹介できる求人がない」場合の対処法

転職エージェントを介した転職活動は、不動産会社で住居を探すのに良く似ています。求職者の条件の幅が狭ければそれだけ、紹介できる求人の幅も狭くなるのです。その最たるケースが「紹介できる求人がない」というものです。

 

「紹介できる求人がない」との回答を得て、『リクルートエージェント』を責めても何の進展も得られません。紹介できる仕事がないということは、求職者の市場価値と希望条件が見合っていないということを示しているのです。希望年収を少し下げたり、勤務地の候補を増やすなどで条件を広げるか、元々の希望条件に見合うように今の職場でもう少しスキルアップしたり、資格を取るなりして自分の市場価値を上げるかしなければ、問題が解決することはありません。

 

自分の現状を正しく理解し、それを踏まえて今後の転職活動について再考する必要があります。もちろん担当のキャリアアドバイザーに相談に乗ってもらうことも出来ますから、客観的に見つめなおすためにも、相談してみると良いでしょう。

 

求人は時期や景気動向に左右され、求人数が大きく変化していきます。そのようなことが原因と判断出来る場合には、しばらく転職活動を見合わせ、転職市場が好転するのを待ちましょう。

 

 

「希望とは違う求人が紹介される」場合の対処法

紹介された仕事が希望通りではない場合もあります。紹介された仕事に必ず応募しなければならないわけではありません。希望と違い、それが納得がいかないようなものであれば、見送ることも出来るのです。

 

とりあえずは見送るにしても、今後のことを考えると希望した求人が紹介されなかった理由を考える必要があるでしょう。

 

自分の希望はしっかり伝わっていたか?

考えられる理由の一つは、自分の希望がしっかり伝わっていなかった、ということです。自分が十分に伝えられなかった場合と、キャリアアドバイザーの理解が十分でなかった場合とが考えられます。このまま転職活動を続けても結果は変わりませんから、紹介された求人を断る時に、応募しない理由を明確にキャリアアドバイザーに伝えましょう。そのうえで、どんな求人を求めているのかを、改めてキャリアアドバイザーに伝え、より相互理解を高める努力をすることが大切です。

 

厳しすぎる条件を希望していないか?

もう一つ考えられる理由は、登録した時期に希望に見合った求人がなく、紹介された求人が一番希望に近かった、というものです。この場合は、紹介された求人を断る際に、キャリアアドバイザーからそのあたりの事情を聞くことが出来るでしょう。それに応じて、少し条件を見直すか、時期を改めるかを考えましょう。

 

 

「希望通りの求人を紹介される」場合の対処法

紹介された求人が希望通りだったのなら、さっそく応募することをキャリアアドバイザーに伝えましょう。応募するかどうか悩んでいる間に、求人が締め切られてしまう場合もあります。即断出来ない場合には、キャリアアドバイザーに相談してみるのが良いでしょう。不安に感じたことや疑問点について質問し、答えを得てアドバイスも受けられることと思います。

 

『リクルートエージェント』では企業の情報を豊富に持ち合わせています。例え、担当のキャリアアドバイザーがすぐに答えられない質問でも、他のキャリアアドバイザーが答えを持っている可能性がありますし、それもなければ企業担当が企業に直接問い合わせてくれるでしょう。

 

 

 

 

人気の求人は当然のことながら倍率も高いので、応募したい求人があったらすぐに行動に出ることが大切です。迷った場合はすぐにキャリアアドバイザーに相談することで、その求人が人気があるもので決断を急ぐ必要があるような場合には、それを知らせてくれると思いますから、一人で悩むよりも相談することが、チャンスを逃さないことに繋がります。

求人情報・案件の確認|リクルートエージェントの評判・転職情報関連ページ

会員登録・ログイン
転職カウンセリング
書類選考
面接〜準備から面接後まで〜
内定後の行動
入社の意思決定

このページの先頭へ戻る