求人応募における書類選考について-リクルートエージェント-

『リクルートエージェント』に登録し、求人に応募すると、待っているのは書類選考です。基本的に、書類選考には「リクルートエージェント内での書類選考」と「企業での書類選考」の2段階が存在します。

 

以下にそれぞれの書類選考の内容やポイントを説明します。

 

 

リクルートエージェント内での書類選考について

 

転職エージェントを利用して求人に応募する場合、あなたの応募意思がすぐそのまま企業に伝わるわけではありません。求人を出している企業からみて、転職エージェントの役割は、応募者のスクリーニングです。企業が求める応募要件を満たさない人は、たとえ応募したとしても、『リクルートエージェント』の書類選考の時点で落ちてしまいます。

 

まず、『リクルートエージェント』の書類選考を通過すること。これが転職において重要です。

 

応募したのに企業に選考されず、先に『リクルートエージェント』の選考で落ちることを疑問に思うかもしれません。しかし、これは何もおかしなことではありません。転職エージェントの目線は企業の目線とイコールである。つまり『リクルートエージェント』では企業の採用代行をしている、と考えておくとよいでしょう。転職エージェントの選考で落ちてしまう人は、企業の選考に進んだとしても、結局は選考を通過できないと考えるべきなのです。

 

転職エージェントは企業に人材を紹介し、採用が決定して、そこではじめて利益が発生します。そのため、採用が決定する見込みのある人材を企業に紹介する前に落選させることは、『リクルートエージェント』にとってメリットはありません。逆に言えば、もしもあなたが『リクルートエージェント』の書類選考で落ちたならば、それは、あなたが企業の選考に100%落ちる人材であると判断されたということなのです。

 

また、求人を紹介したのは『リクルートエージェント』なのに、そこの選考で落とされることに疑問を感じる人もいるでしょう。これは採用選考システムを考えると、仕方のないこととなります。

 

あなたが応募要件をしっかり満たした人材だったとしましょう。しかし、同じ求人に応募要件を満たした人材が多数応募していた場合、その時点で応募者内で比較選考が行われることとなります。企業はより良い人材を求めています。人材の評価は応募者の中で相対的に行われるものであり、応募要件というものは求人に応募するための最低条件にすぎないのです。

 

応募するなら企業に選考してもらって落ちる形でなければ納得できない、どうしても企業に先行してもらいたい、という考えの人もいるでしょう。その場合、職務経歴書・履歴書にプラスして「志望動機書」を提出するという手段もあります。つまり、その企業に対する志望意欲の高さを自ら積極的にアピールするのです。志望動機書の内容がよくない場合はマイナス効果となりますが、志望意欲を積極的に伝えることは採用にプラスに働く傾向があります。企業は意欲の高い人材を求めています。また、『リクルートエージェント』の方でも入社意欲が高い人材は、多少応募要件に合わない人材だとしても、「意欲ある候補者」としてプレゼンテーションしやすくなるのです。

 

その他に選考を左右するポイントは、キャリアアドバイザーとの関係でしょう。キャリアアドバイザーの「あなたの評価・印象」は、『リクルートエージェント』の書類選考に影響するからです。もしもキャリアアドバイザーがあなたを高く評価してくれていれば、『リクルートエージェント』内の企業担当者に、あなたのことを積極的にアピールしてもらえます。

 

キャリアアドバイザーとの関係は良好にしておくことは転職のために大切です。『リクルートエージェント』を利用するならば、キャリアアドバイザーとの対話はしっかり行うよう心がけましょう。

 

 

 

企業における書類選考について

 

『リクルートエージェント』の書類選考を通過すると、いよいよ企業の書類選考です。書類選考の期間は平均3日から1週間かかります。ただし、早ければ1日で終了しますし、長いときは2ヶ月かかる場合もあります。選考期間は企業の採用担当者の忙しさによって変動します。また、他の候補者と選考タイミングを揃えるために時間をかける場合もあります。選考期間はケースバイケースですので、少し時間がかかっても気にせずにいてよいでしょう。

 

ただし、あまりにも選考期間が長い場合は、『リクルートエージェント』に問い合わせをお願いしましょう。書類選考だけで長期間待たされることは、印象のいいことではありません。待っている期間が長いほど、選考に落ちたとき、次の求人探しが大変になります。『リクルートエージェント』もそれは理解しています。ですから、あなたが『リクルートエージェント』に選考が長すぎることを訴えれば、書類選考が長引くことのデメリットを踏まえつつ、企業の人事担当者に適切な対応をしてくれます。

 

また、『リクルートエージェント』は職務経歴書や履歴書の作成についてアドバイスもしてくれます。書類選考に出す書類について自信がないときは、このサービスをしっかり活用しましょう。『リクルートエージェント』がプロの目線・第三者の視点から評価やアドバイスをしてくれます。

 

書類選考は転職活動で避けて通れないものであり、とても重要なものです。望む企業の選考を通過するために、『リクルートエージェント』とそのキャリアアドバイザーの力をしっかり活用していきましょう。

書類選考に通る理由と通らない理由|リクルートエージェントの評判・転職情報関連ページ

会員登録・ログイン
転職カウンセリング
求人情報・案件の確認
面接〜準備から面接後まで〜
内定後の行動
入社の意思決定

このページの先頭へ戻る