入社の意思を決定する-リクルートエージェント-

入社意志の決定

 

希望の会社から内定をもらい、条件面などにも問題がなければ、入社の意志を『リクルートエージェント』に連絡します。エージェントは入社意志の連絡を受けると、それを企業側に伝え、この時点で転職が決定したこととなります。その後は入社日などの詳細を調整していくことになります。

 

 

決断出来なければ更なる面談機会を持つことも

内定をもらってもなかなか決断出来ない場合もあります。そんな場合には、「条件面談」や「入社前面談」という、企業との最終的な面談の機会が設けられることがあります。このような面談は求人企業側の善意で設定されるものですから、機会を得た場合は出来る限り参加し、企業と直接、よく話し合ってみると良いでしょう。もちろんその結果、内定を辞退するという選択肢も選ぶことが出来るので、あまり難しく考えずにチャンスと捕らえて参加しましょう。

 

ただし面接途中での辞退は良いのですが、内定後をもらった後での辞退は、企業に対してだけでなく『リクルートエージェント』にも迷惑がかかる行為です。面談には丁重な姿勢で挑むのはもちろんのこと、辞退を考えている場合には、その理由を明確に誠意を持って伝えることが大切です。プライバシーに関わるような理由で辞退をせざるを得なくなった場合には、全てを伝える必要はありませんが、企業と転職エージェント双方に納得がいく辞退理由を伝えることが出来なければ、不信感を与えてしまい今後の転職に影響が出る可能性があります。

 

 

入社意志決定後の辞退は禁物

当然のことですが、入社意志を決定し企業側に伝えたあとで辞退するのは、企業にも『リクルートエージェント』にも多大な迷惑をかけることになります。企業は入社意志を聞いた時点で、入社に向けた準備を始めます。スムーズに業務に就けるようにするために関係部署に働きかけをし、デスクやPC、名刺、判子などの備品を準備し、場合によっては社内で人事異動の計画が持ち上がることもあります。入社を前提として様々な人や物や金銭が動き出すのです。

 

そして求人を停止し、採用枠をクローズします。この状況で「入社をやめます」ということになると、企業は大損害を受けることになるのです。入社に向けた準備のコスト、採用をストップさせたことによる機会喪失コストなど、企業が負う損害は想像以上に大きいものです。入社意志を伝えるということは、その意志が何があっても揺るがないというのが前提です。仕事を続けながら求人活動をする方も多いのですが、入社意志を固めて、現在の職場に退職手続きをした時に、どんなに強く引き止められても意志が揺るがない、そのくらいの強い意志と覚悟が必要です。

 

転職や入社の意思決定というのは、大変大きな決断で、人生の転機でもあります。だからこそ慎重考え行動し、決断した後は揺るがないことが大切なのです。

入社の意思決定をする(入社前辞退はタブー)|リクルートエージェントの評判・転職情報関連ページ

会員登録・ログイン
転職カウンセリング
求人情報・案件の確認
書類選考
面接〜準備から面接後まで〜
内定後の行動

このページの先頭へ戻る