リクルートエージェントに悪評判はあるのか?

リクルートエージェントの悪い評判も存在しております。比較的、好評価の転職エージェントでもヒヤリングやキャリアアドバイザー等の行き違いで出てくるようです。キャリアカウンセリングやキャリアアドバイザーはコミュニケーションを重要視して話に耳を傾けております。

 

その中で転職希望者と会わないキャリア担当者が居るのも当たり前です。そのような時は他の担当者と変更する事をお勧め致します。これから長く務める就業先を決めるのに納得が出来ないようではまた転職に成ります。

 

これらのリスクを軽減する為にもなるべくキャリアアドバイザーとの良い関係を築き上げます。リクルートエージェントでは支援期間が3カ月と短い為に何度か行われるアドバイスを適切に理解する必要があります。

 

これらのコミュニケーションによる悪い評価が何件かあるようです。実際に企業に出向き面接を行うと求人情報と内容が異なっていたりするケースがあるようです。このような場合等ははっきりとキャリアアドバイザーに伝え疑問点などが有る場合は積極的に伺った方が良いです。リクルートエージェントは総合人材サービス大手の為、みなさんテキパキと行動を行いデキルビジネスパーソンばかりです。

 

この様な感じが苦手な方もいらっしゃるようです。始めてヒヤリングを行いキャリアアドバイザーと面談を行いご自身に合わないような感じや合わない時はすんなり応募する事を避けた方が良いです。

 

逆にストレスとなり良い結果が見込めない為です。担当のキャリアアドバイザーから見て低い人材等にはキツイ感じが受けられるようです。彼らは仕事上で判断を行いビジネスとして企業に人材を紹介する為、少し感じがキツイ方もいらっしゃるようです。


このページの先頭へ戻る