キャリアアドバイザーの変更ができるリクルートエージェント

リクルートエージェントではキャリアアドバイザー(CA)の変更をする事が出来ます。新規登録を行い、いざキャリアアドバイザーと面談を行った際、ご自身に合わない担当者が付き転職活動がスムーズに運ばない時などは思いっきりキャリアアドバイザー(CA)の変更を行います。

 

リクルートエージェントでは転職支援期間が3カ月と短い為にご自身に合わない場合は長時間、対話しても時間が消費するだけになってしまいます。これらのデメリットやリスクを取り除き、合わない時はキャリアアドバイザー(CA)の変更が必要になります。また、キャリアアドバイザーの中には自分の利益しか考えていない方もいらっしゃる場合が有ります。当然、ビジネスとしては当たり前の心情ですが、転職希望者には関係の無い話になります。

 

求人や転職等様々なエージェントは何処かのポイントで企業から料金が発生しております。例えばサイトに記載する料金や求人資料作成料金など様々です。これらの細かい料金体制は転職希望者や求職者には関係が無く、自分に合いそうな求人票が見つかれば応募するのが一般的です。

 

また、料金体制の中には紹介料が高い非公開求人等も有ります。企業や会社ではこちらの案件の方を優先的にご案内する方がメリットでは大きいです。高い非公開求人の人材を見つけご案内する方がエージェント側と求人希望企業間では一番メリットが大きいです。

 

その為にキャリアアドバイザーは記載されてる求人案件より非公開求人の案件をご紹介してくる場合が有ります。この様な現象が現れてきたらキャリアアドバイザー(CA)の変更を行った方が良いです。キャリアアドバイザーの中には専門の業界に精通した方も多いです。専門外のキャリアアドバイザーが担当になっても話が通じないではその先が中々進みません。早めのキャリアアドバイザー(CA)の変更が重要です。

ご自身に適したCAに変更出来るリクルートエージェント|リクルートエージェントの評判・転職情報関連ページ

取扱業種
非公開求人
若者向け案件
実際の評判
キャリアアドバイザーの質
面談後のサービス
年収について
費用について
海外勤務
エンジニア求人
地方の求人
悪い評判

このページの先頭へ戻る